注目される治療方法

放射線治療

放射線治療は、がん細胞が正常な細胞に比べで放射線に弱い性質を利用して治療を行うものです。その治療は、対象となるがん細胞だけに大きなダメージを与える一方、正常な細胞にはできる限り少ないダメージしか与えないことを考えて進歩してきました。ここで紹介する2つの治療法は、放射線治療の特徴を活かして大きな効果を期待できる治療法です。

 

粒子線治療(陽子線治療/重粒子線治療)

粒子線とは
粒子線とは、放射線のうち電子より重いものの総称で、この粒子線を使った放射線治療のことを、特に「粒子線治療」と呼びます。実用化されている粒子線治療には、水素の原子核ビームである陽子線を利用した「陽子線治療」と、それより重い炭素線イオンを使う「重粒子線治療」があります。重い粒子をシンクロトロンやサイクロトロンとよばれる加速器で光速の70%近くまで加速し、がん細胞にダメージを与えるハイテク治療です。

 
特徴
一般の放射線治療であるエックス線やγ(ガンマ)線などは体の表面近くでエネルギーが最大となり、からだの深いところに入るにしたがって徐々に小さくなります。これでは、体の奥にあるがん細胞にダメージを与える前に正常な細胞にダメージを大きく与えてしまいます。陽子線治療や重粒子線治療では、この欠点を補うためがん細胞の部分でエネルギーを最大にし、他の正常細胞にあまり影響を与えないような工夫やがん細胞の形状にあわせてビームを当てることで正常細胞にダメージを与えないような工夫がなされています。 また、治療中は痛みがなく、傷跡も残らない、副作用が少ないという長所を持ち、治療後の社会復帰が早く、高齢者にも適用できるメリットがあります。

治療費については、先進医療として認められている施設で治療を受ける場合、先進医療(技術料)の自己負担分が300万円前後かかります。入院等その他の保険診療分については先進医療の自己負担に加えて別途負担が発生しますが、その大部分は入院費です。病状により4週間から8週間程度の治療期間を要します。入院1日あたりの総費用として2万円弱かかると考えて自己負担分の計算(3割負担の場合、6千円/日)をしておくとよいでしょう。

 
治療施設
現在(平成29年2月現在)、日本で粒子線治療が行われているのは以下の施設です。

重粒子線(炭素イオン線)治療施設

  • 群馬大学医学部付属病院 重粒子線医学研究センター(群馬県前橋市)
  • 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター(千葉県千葉市)
  • 神奈川県立がんセンター 重粒子線治療施設(神奈川県横浜市)
  • 兵庫県立粒子線医療センター(兵庫県たつの市)※陽子線治療も可能
  • 九州国際重粒子線がん治療センター(佐賀県鳥栖市)

陽子線治療施設

  • 北海道大学病院 陽子線治療センター(北海道札幌市)
  • 札幌札幌禎心会病院 陽子線治療センター(北海道札幌市)
  • 南東北がん陽子線治療センター(福島県郡山市)
  • 筑波大学附属病院 陽子線医学利用研究センター(茨城県つくば市)
  • 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)
  • 相澤病院 陽子線治療センター(Ai-PROTON)(長野県松本市)
  • 静岡県立静岡がんセンター(静岡県駿東郡)
  • 名古屋陽子線治療センター(愛知県名古屋市)
  • 福井県立病院 陽子線がん治療センター(福井県福井市)
  • 兵庫県立粒子線医療センター(兵庫県たつの市)※重粒子線治療も可能
  • 岡山大学・津山中央病院共同運用 がん陽子線治療センター(岡山県津山市)
  • メディポリスがん粒子線治療研究センター(鹿児島県指宿市)

強度変調放射線治療(IMRT)

特徴
houshasen放射腺治療の基本は正常な細胞のダメージを極力少なくする一方、がん細胞には狙ったダメージを与えることです。右図は、放射腺を照射する装置が上から時計と反対回りに動きながら、がん病変にダメージを与えているところを示しています。3つの位置から照射する放射線の量はそれぞれ33.3と弱いですが、がん病変には3箇所から放射した合計の100の放射線が当たっています。放射線を照射する装置とがん病変の間にある正常な細胞は、確かに33.3の放射線を浴びダメージを受けます。一方、がん病変は3方向から33.3の放射線を浴びるため、目的とするほぼ100の放射線を照射されることがわかります。これを少しずつ角度を変えながらもっといろいろな角度から、放射線を照射すると、正常な細胞のダメージを小さくし、がん細胞にだけ大きなダメージを与えることができます。このようにさまざま角度から放射線を照射し、正常細胞のダメージを減らし、がん細胞のダメージを最大化するのが定位放射線療法と呼ばれる放射線治療です。定位放射線治療にさらに工夫を凝らし、放射線を照射する装置から右半分には強く、左半分には弱くといったように、部分的に放射線の強さを変えて照射することも可能です。以上のようにコンピューターを駆使して、網の目のように細分化されたマス目ごとに放射線量を変化させ、多くの角度から照射することでがん細胞だけに照射する放射線量を増やし、正常細胞へのダメージを最小にする工夫をしたものが強度変調放射線治療です。 呼び名のとおりです。

総量として全身に浴びる放射線の量が増えるため、他のがんの誘発を招くリスクが高くなるという指摘もありますが、重粒子線治療同様、患者さんの肉体的負担が少ない治療方法です。

治療費に関しては、平成22年4月より、特定の部位にとどまっている固形がんすべてを対象として保険が適用されました。しかし、保険が適用されるといっても治療費総額としては高額な医療となります。高額療養費制度を利用することが必要です。具体的には、治療に先立ち「限度額適用認定証」を保険者(市区町村や健康保険組合)から入手し、治療を行う医療機関に提出することを強くお勧めします。

 

治療施設
強度変調放射線治療には放射線治療の常勤専門医がいて、専用の機器が備わっていなければなりません。放射線治療の専門医とは日本放射線腫瘍学会の認定医(全国に645名:平成22年9月30日現在)を、専門施設とは同学会の認定施設(全国に112施設:平成22年9月30日現在)とその他それに準じる施設をいいます。詳しくは日本放射線腫瘍学会のホームページで最寄りの専門施設を選び、本治療を行っているかどうか各施設に直接ご確認ください。