注目される治療方法

免疫細胞療法(免疫療法)

「免疫」の仕組みを利用した新たながん治療法

がん免疫療法とは、私たちの体に備わっている「免疫」という仕組みを活用した治療法の総称で、「免疫細胞療法」はこの免疫療法のひとつにあたります。1980年代に米国で始まりました。再発や転移していない早期がんの治療方法としては、手術や放射線治療などの局所治療が有効ですが、他の臓器等に転移し、拡がったがんに対しては、抗がん剤や免疫細胞療法のような全身に作用する治療法が適用になります。

 

病原菌やがん細胞を排除する、免疫の力

「免疫」とは、ウイルスや細菌などの外敵から自分自身を守るはたらきのことを言いますが、さらに免疫は、「がん細胞」も排除することが分かってきました。がん細胞は、正常な自分の細胞の遺伝子が傷つくことで生まれます。人の体の中では、毎日毎日、がん細胞が生まれ、それを「免疫」の力で排除しているのです。

 

がんの部位を選ばず、副作用の少ない治療

人の細胞を培養して治療に使用するものを「細胞治療」と呼びますが、特に患者さんの血液中の免疫細胞を培養、強化して、免疫力を高めてがんを治療しようとする方法が、免疫細胞療法です。がん細胞に対する攻撃力の中心となるリンパ球や、リンパ球にがん細胞の特徴を知らせる樹状細胞を、患者さんの血液から取り出し、体の外で培養・活性化して機能を高めたり、数を大きく増やしたうえで、再度、患者さんの体の中に戻します。

全身の免疫に働きかける免疫細胞療法は、がんの部位に関わらず効果が得られる可能性があり、患者さん本人の免疫を活用するため、大きな副作用がなく、また、有効な場合には長期的な効果が期待できるという特徴があります。

現在の技術水準では、免疫細胞療法単独では、大きなかたまりとなった腫瘍を完全に消滅させる力までは持っていないといえます。それよりも、手術後に残った微小ながん細胞(再発の元となる)や放射線治療によって大幅に小さくなったがん細胞を掃討したり、抗がん剤でがん細胞を弱らせたうえで、決定的なダメージを与えることが期待されています。既存の治療法と組み合わせることで、全体の治療効果を高める治療法であるといえるでしょう。逆に、作用の仕組みから考えて、手術や放射線治療が可能であるにもかかわらず、そうした治療を避けて免疫細胞療法だけで治ることを期待することは推奨できません。

 

様々な免疫細胞療法。どれが一番よいのか

免疫細胞療法には、利用する細胞によっていくつかの治療法がありますが、以下に、代表的なものについて説明します。ここでご注意いただきたいのは、がん細胞の特徴も免疫の状態も患者さんごとに異なるため、“全ての人において、これが最も良い”といえる治療法があるわけではないということです。それぞれ状態の異なる患者さんに対して、どの治療法が適するかを見極めて選択することが最も重要であり、免疫細胞療法の選択・判断が出来る経験や技術を持った、専門医療機関、医師と相談することをお勧めします。

 

活性化自己リンパ球療法

現在、免疫細胞療法の中で最も広く行われている治療法のひとつです。体の中で発生したがん細胞を攻撃するのは白血球の一種であるリンパ球が中心的な役割を担っています。このリンパ球を体の外で培養してパワーアップし、患者さんの体に戻すのが活性化自己リンパ球療法です。培養工程の工夫や資材・薬剤の選び方で、リンパ球をどれだけパワーアップできるかが決まり、そこに医療機関のノウハウがあります。

活性化自己リンパ球療法の種類
・アルファ・ベータT細胞療法
がんに対する攻撃力が最も強い細胞のひとつであるT細胞(Tリンパ球)を全般的に活性化し、増殖させてから体内へ戻す治療法です。早期がんから進行したケースまで幅広く適用されます。
がん患者さんの体内の免疫状態を改善し、化学療法や放射線療法の効果を増すことも期待されます。

・ガンマ・デルタT細胞療法
Tリンパ球のうち、「ガンマ・デルタT細胞」と呼ばれる細胞を用いた治療で、大学病院で先進医療(臨床研究)としても行われています。ガンマ・デルタT細胞は、がん化をはじめた細胞の変化を素早く感知して攻撃をしかける特徴があり、抗体医薬を使っている場合や、骨腫瘍・骨転移などの治療にゾレドロン酸を使っている場合、併用することで相乗効果が期待できます。

・NK細胞療法
NK(ナチュラルキラー)細胞は、強い細胞殺傷能力を持ったリンパ球の一種で、体の中を常時パトロールし、がん細胞やウイルス感染細胞などの異常な細胞をいち早く発見します。がん細胞の目印(がん抗原)が隠されてしまっているがんなどにも有効で、いくつかの抗体医薬との併用でも相乗効果が期待できます。

活性化自己リンパ球療法の治療費
各医療機関により変わりますが、1コース*(1クール)の治療の目安は150万円~190万円程度です。免疫細胞療法の治療費に加え、別途診察料や検査料が発生する場合や、1コースの治療回数や治療期間が医療機関により異なる場合がありますので、それぞれの医療機関で確認が必要です。

 

樹状細胞ワクチン療法

がん細胞は体の中の正常な細胞が変化した、もともと身内の細胞です。そのため、体の免疫機構にとっても、その「敵」を見つけ出し、攻撃するのが難しいのです。ただ、がん細胞は正常細胞とは異なる「がん抗原」と呼ばれる目印をもっています。この目印を持つ細胞を攻撃するようにTリンパ球に指令を送るのが樹状細胞です。いわば、樹状細胞が指令役、Tリンパ球が兵士の役割を担い、敵であるがん細胞を攻撃します。手順としては、血液から分離した樹状細胞と、手術で取り出した患者さんのがん細胞、あるいはがん細胞の目印を人工的に作ったもの(ペプチド)などをいっしょに培養することで、樹状細胞にがんの目印の見分け方を教育し、体に戻します。がんの目印を学習した樹状細胞は、体に戻った後で活発にTリンパ球に指令を出し、Tリンパ球が目印を持つがん細胞の攻撃を始めるわけです。

樹状細胞ワクチン療法の決め手は、①がんの目印(ペプチド)として何を使うか、②目印の教え方をどのようにするかにあります。

がんの目印は患者さんごとに異なっており、どれか1つの目印を教えるだけで万能な治療効果は期待できないことが明らかになってきています。そのため、患者さんの状態に合わせて数種類の目印(ペプチド)をいっしょに使ったり、患者さん自身の実際のがん組織が入手できる場合には、その断片を目印として使う等の工夫がなされています。

ただし、がん細胞の中にはTリンパ球からの攻撃を逃れるため、がんであることの目印を隠してしまうものがあります。このような場合や、患者さんの免疫力が全般的に低下している場合には樹状細胞ワクチン療法そのものの効果が期待できないとの報告がなされており、その場合には他の免疫細胞療法が優先的に選択肢になります。

樹状細胞ワクチン療法の治療費
各医療機関により変わりますが、1コース*(1クール)の治療の目安は150万円~220万円程度です。免疫細胞療法の治療費に加え、別途診察料や検査料が発生する場合や、1コースの治療回数や治療期間が医療機関により異なる場合がありますので、それぞれの医療機関で確認が必要です。

※注)1コースとは、治療期間とその期間中に行われる投与回数のことで治療の基本単位を意味します。1クールともいいます。治療が1コースだけで完結する場合もありますし、数コースの治療が推奨されることもあります。

治療施設

現在、国内で免疫細胞療法を受ける方法は、「臨床研究・先進医療」または「自由診療」の2つがあります。臨床研究・先進医療では、がんの種類や進行度、過去に受けた治療など様々な条件が設けられており、対象となる患者さんは限られます。そのため、自由診療(保険外診療)として治療を行っている民間の医療施設が全国にあります。

先進医療・臨床研究実施施設
※参考「厚生労働省ホームページ 先進医療を実施している医療機関 2017年1月時点」

(先)先進医療として、適応疾患を限定して免疫細胞治療を行っている医療機関
(研)臨床研究として免疫細胞治療を行っている医療機関

注)一般の受診とは異なり、実施施設の定める参加条件を満たす方が対象となります。募集状況、参加資格はそれぞれの施設にご確認ください。

  • (先)千葉大学医学部附属病院(千葉県)
  • (先・研)東京大学医学部附属病院(東京都)
  • (先)慶應義塾大学病院(東京都)
  • (研)順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京都)
  • (先)国立病院機構 名古屋医療センター(愛知県)
  • (先)国立病院機構 長良医療センター(岐阜県)
  • (先)国立病院機構 三重中央医療センター(三重県)
  • (先・研)国立病院機構 大阪医療センター(大阪府)
  • (先)国立病院機構 山口宇部医療センター(山口県)
  • (先)国立病院機構 四国がんセンター(愛媛県)
  • (先)国立病院機構 九州がんセンター(福岡県)
  • (研)福岡大学病院 消化器外科(福岡県)
  • (先)国立病院機構 九州医療センター(福岡県)
  • (先)国立病院機構 福岡病院(福岡県)
  • (先)国立病院機構 福岡東医療センター(福岡県)
  • (先)国立病院機構 嬉野医療センター(佐賀県)
  • (先)国立病院機構 別府医療センター(大分県)
  • (先)国立病院機構 大分医療センター(大分県)
  • (先)国立病院機構 長崎医療センター(長崎県)
  • (先)国立病院機構 南九州病院(鹿児島県)

免疫細胞療法を行っている医療機関(自由診療)
全国にいくつかの医療機関がありますが、治療経験の豊富な医師が在籍する施設を掲載しています。