がん治療最前線

手術後のリンパ浮腫を改善し、肉腫を予防。「スーパーマイクロサージャリー」

子宮がんや乳がんなどの手術後、手足にリンパ液が滞ってむくむ「リンパ浮腫」に苦しむ患者さんは多い。東京大学医学部附属病院の光嶋勲教授(形成外科・美容外科)はリンパ管と静脈をつなぎ、リンパ液を還流させて浮腫を治す「リンパ管静脈吻合(ふんごう)」を行い、世界中から注目を集めている。リンパ管静脈吻合には、直径0.3ミリのリンパ管を細い静脈に縫合する「神業」が必要で、光嶋教授は、この超微小手術の第一人者。最近、浮腫の患者さんの0.4%に発生するリンパ管や血管の「肉腫」が、リンパ管静脈吻合で治癒できる可能性があることも分かった。

vol.7_saizensen_01
週に3日は手術を行う。1度に3つの手術室を掛けもちし、1日10人の手術をこなすこともある。写真は、3台の顕微鏡を用い、並行して数カ所のリンパ管吻合を行う様子。光嶋教授は、手術指導のために海外に招かれる機会も多い。

 

筋肉の損傷を最小限に。画期的組織再建法

直径が1ミリ以下の血管やリンパ管を顕微鏡下でつなぐ微小手術を「マイクロサージャリー」と呼ぶ。体の組織の一部を切り取って、そのまま体の別の場所に張り付けても、血管をつながなければその組織を生かすことはできないため、こうした手術が必要となる。しかも、直径1ミリの血管をつなぐには0.1ミリの針を使用。0.1ミリといえば髪の毛の太さだ。

マイクロサージャリーの歴史は1965年、奈良県立医大の玉井進医師が、世界で初めて完全にちぎれた人の親指の指先をつなぐことに成功したことから始まった。1989年には、光嶋教授が「穿通枝皮弁(せんつうしひべん)」という新しい組織再建法を発表。筋肉を犠牲にしないこの手術法は、乳がんの患者さんらに大歓迎され、一気に世界に広まった。

乳がん手術で失われた乳房を再建する場合、以前は下腹部の筋肉にある太い血管を使い、皮膚の他、血管周辺の筋肉や脂肪もごっそり取り出して胸部に移植していた。しかし、穿通枝は脂肪組織に栄養などを供給する太さ0.5ミリの血管で、光嶋教授は、この穿通枝をつなぐだけで組織が生着することを実証。腹筋などの大事な筋肉を損傷することなく乳房の再建ができることを示したのだ。

vol.7_saizensen_02

次のページへ