数字から見る「がん治療」の今

知っておきたい「再発」を予防するには?

治癒を目指す患者にとって、がんの再発は、初めてがんを宣告された時以上にショックを受けることであろう。
2003年に「がんの社会学」合同研究班が行った全国調査によるとがんと診断されてから、現在までに「再発(転移)」があると告げられた人は、23.6%との回答がある。
再発、とくに転移をともなう場合は治療の選択肢も限られてくる。
再発を防ぐために必要なことは何か。

p6

 

 

 

2003 年に「がんの社会学」合同研究班が行った全国調査による、「がんと診断されてから、現在までに再発(転移)があると担当医から言われたことがあるか」についての回答。「いいえ」の中には、治療後、経過観察中や、5 〜 10 年以上経過した人が含まれている。また、再発(転移)があっても、告知を受けていない人も含まれている可能性がある。

「がんを取りきった=がんが治った」ではない。再発の可能性を理解する

がん細胞が血管、リンパ管を通って遠くの部位に移動する「遠隔再発」
再発とは外科手術などで取りきったように見えた原発巣(キーワード参照)のがんが、目に見えないほどの大きさで残っており、それが時間を経て増大し発見されること。

つまり、再発は完全にがんが治っていなかったことを意味している。「完全寛解」という言葉も、画像診断や検査等でがんが検出できない状態になったことを示しているものであって、微小ながん細胞が残っている可能性は否定できず、「完全寛解=完治した」という意味ではない。

再発のタイプ(再発形式)は大きく分けて三つある。がんがあった部位と同じ場所やその近くに現れる「局所再発」。そして、がんが周囲の組織に浸潤し、周辺のリンパ節に発生する「領域再発」。三つめは、図①のようにがんがリンパ管や血管を通って局所から遠く離れた部位に現れる「遠隔再発」。これは転移して再発したということになる。

例えば、結腸がんの場合、結腸はお腹の中の広い空間にあるため、切除手術の際、比較的がんの部分を広く切除しやすく、局所にがん細胞が残る確率が低くなるので、局所再発よりも遠隔再発が多い。そして、結腸がんの肝臓への再発転移が多いのは、大腸から肝臓への静脈経路の流れによるものだ。また、肝細胞がんの場合の多くは肝炎ウィルスによる慢性肝炎や肝硬変を背景としているため高い確率で肝臓の別の場所に再発する。このように、がんの種類や性質などから、再発しやすさ、転移の起こりやすさや場所についてもある程度予測でき、対策をとることができる。

こうしたことからもわかるように、手術などで取りきったように見えても、身体の中には目に見えない小さながんが残っている可能性があることを知っておく必要がある。

 

図① 再発・転移のしくみ

p7-1

[キーワード] 原発巣
がんが最初にできた部位を原発巣と呼び、再発は原発巣にできたがんと同じ性質を持つがん細胞が、再び現れること言う。たとえば、肺がんが治療によって見えなくなった後、肝臓に再び現れた場合、原発巣と同じ性質のがんが現れていれば「肺がんの肝転移」であり、異なった性質のがんであれば、肝がんの新たな発症ということになる。

次のページへ

同じシリーズの他の記事一覧はこちら