がん時事通信

日本発の分子標的薬トラメチニブ。早期の国内承認に期待!(前編)

sakaidoc_01
皮膚がんの一種「メラノーマ(悪性黒色腫)」の新たな治療薬として大きな効果をあげている、日本発の抗がん剤がある。それが、2013年に米FDA(米食品医薬局)の承認を得て、画期的な治療薬として高く注目されている「トラメチニブ」だ。日本国内でも早期の認可が期待されているが、この薬を見いだしたのがJT(日本たばこ産業)と京都府立医科大学の酒井敏行教授。
今回は、トラメチニブを発見するまでのプロセス、さらにはその効果について酒井教授にお話を伺う機会を得ることができたので、2回にわたり紹介しよう。

世界に貢献する日本発の分子標的薬「トラメチニブ」とは?

 

sakaidoc_02

 

「メラノーマは皮膚がんの一種で死亡に至る割合が高く、イギリスでは若年男性のがん死亡率の2位に数えられるほど。発生頻度に人種差があり、白人に罹患者が多い一方で日本人には稀ながんと言われています」(酒井教授、以下同)
発生原因は詳しく解明されていないものの、皮膚の色と関係するメラニンを作る色素細胞であるメラノサイトやほくろの細胞ががん化するというもの。紫外線や外的刺激が関係すると言われている。日本人に少ないとはいえ、国内の患者数は約4000人(独立行政法人統計センター2015年)、2012年だと皮膚がん死亡者数の約4割はメラノーマによるもの(「がんの統計2013」公益財団法人がん研究振興財団)で、これまで有効な治療法はなかった。

そして、このメラノーマの治療で高い実績を誇るのが、酒井教授とJT医薬総合研究所が発見した分子標的薬トラメチニブ。分子標的薬とは、がんの発症や進展に深く関与する遺伝子を捉え、狙い撃ちをするよう設計された治療薬のことで、それゆえ副作用を抑えられ高い効果が期待できるという。従来の抗がん剤が正常な細胞も攻撃してしまい、副作用を招くのとは一線を画している。
「ダブラフェニブという治療薬にトラメチニブを併用した場合の奏功率(腫瘍の縮小が認められる患者の割合)は約75%、さらに約10%は腫瘍が完全に消失する完全奏功が認められ、副作用も低いことが、これまでの臨床データから実証されています。従来の抗がん剤の奏効率が約5%程度だったことと比べると、非常に高い有効性といえます」

次のページへ

同じシリーズの他の記事一覧はこちら