がん時事通信

日本発の分子標的薬トラメチニブ。 早期の国内承認に期待!(後編)

トラメニチブ


JT(日本たばこ産業)と京都府立医科大学の酒井敏行教授によって見出された、日本発の分子標的薬の「トラメチニブ」。皮膚がんの一種「メラノーマ(悪性黒色腫)」に絶大な効果が確認され、2013年には米FDA(米食品医薬局)で承認。日本国内でも早期認可に期待が寄せられている。前回は、トラメチニブを発見するまでのプロセスを中心に酒井教授から話を伺ったが、さらに話を掘り下げていこう。

分子標的薬ダブラフェニブとの併用で劇的な効果

 

PC画面

がんを抑制する「RB遺伝子」が不活化(活動が止まった状態)してしまうことで増悪してしまうがん。酒井教授はこれに着目し、RB遺伝子の再活性化による治療法を研究した結果、トラメチニブを創出している。トラメチニブを語るうえで欠かせないのは、治療効果の高さだ。

「『ダカルパジン』や『パクリタキセル』といった従来の薬が奏効率が約5%であるのに対して、トラメチニブは『ダブラフェニブ』と併用することで奏功率が約75%、さらに約10%は腫瘍が完全に消失する完全奏功が認められました」(酒井教授、以下同)

ダブラフェニブとは、英国の大手製薬会社グラクソ・スミスクライン社により開発された分子標的薬。メラノーマの進行に関係するBRAFという遺伝子の活性を阻害することで、がん細胞の増殖を抑制する働きが認められている。酒井教授とJTによる共同研究で見い出されたトラメチニブを導入した同社では、ダブラフェニブとトラメチニブを併用した試験も行い単剤療法と比較。その結果、併用治療の方が生存率をより有意に延長することがわかっている。

「他の治療法と組み合わせることで効果が高くなるというのは、大きな発見。併用の種類を増やしていくことで、より高い効果、さらにメラノーマ以外のがん治療に対しても期待ができます」

ダブラフェニブによる皮膚扁平上皮癌(ひふへんぺいじょうひがん)の副作用がトラメチニブとの併用により明らかに減少することも注目されている。最初は二剤併用すると副作用が強くなるために使えなくなるのではないかと危惧されたが、逆にダブラフェニブの主要な副作用が減ったのは驚きであった。

次のページへ

同じシリーズの他の記事一覧はこちら