女性のための最新がん治療

女性のがんと免疫細胞治療の専門医が贈る「女性のための最新がん治療」

dr_goto
がん治療の分野で、手術、化学療法、放射線治療の三大療法に加えて注目されている「免疫細胞治療」。人間がもともと持っている“免疫”の力を高度な技術で強化して、がんを攻撃するという治療法だが、自らの細胞を使うことから大きな副作用がなく、三大療法と組み合わせることで相乗効果が期待できる。

この免疫細胞治療に1999年から取り組んできた瀬田クリニックグループ。そして、この度、同グループ統括院長の後藤重則医師と、国内でも有数のがん専門病院であるがん研有明病院の顧問/元副院長・前婦人科部長の瀧澤憲医師が共著で執筆した著書『自分の細胞で治す 女性が知っておきたい最先端がん治療』(PHP研究所)が7月19日に刊行された。そこで、本サイトでも後藤医師に「女性とがん治療」についてお話を伺った――。

日本人女性のがん検診受診率は世界各地に比べて低い

――この度は、『自分の細胞で治す 女性が知っておきたい最先端がん治療』の刊行、おめでとうございます。まずお聞きしたいのは、今回の著書についてです。女性が対象ですが、どういう背景があったのでしょうか。

後藤 :

我々はがん治療に従事するなかで性別に関係なく多くの患者さんに接しています。
そのなかで、特に女性は、ご自身ががんと診断された場合はもとより、ご家族が罹患された場合などでも家族のまとめ役になったり熱心に情報収集をするといったように、主導権を持つこともが多く、がん治療のなかで女性の役割は大きいです。そういったこともあり、今回は女性に向けた内容でまとめました。

がん研有明病院の前婦人科部長で、日本の婦人科がん治療をリードしてこられた瀧澤先生との共著であることも非常に意味のあることだったと思います。

内容としては女性特有のがん、また女性に増えているがんを取り上げていますが、女性のがん患者さんだけではなく、ご家族にがん患者がいらっしゃる女性にも読んでいただきたいですね。

――著書では、女性のがん検診受診率が世界各国に比べて低いと指摘されていますよね。そういった意味でも、目を通してほしいとお考えでしょうか。

後藤 :

そうですね。早く見つければ治るがん患者さんは多く、早期発見・診断はとても大事です。
瀬田クリニックグループにいらっしゃる患者さんも、ある程度進行してから見つかった方が多いのですが、検診を受けていれば早期発見でき、早い段階で治せたというケースは少なくありません。

費用は多少かかっても、健診により早く見つかり少ない治療費で治せる方が増えれば、医療経済上のメリットも大きいはずです。検診には定期的に足を運んでいただきたいと考えていますし、本書がその一助になれば幸いです。

次のページへ