がん免疫療法Q&A

Q.免疫細胞治療は、どんながんに適応しますか?

回答者:後藤重則(ごとう・しげのり)
医療法人社団 滉志会
瀬田クリニックグループ統括院長

A.全身の免疫に働きかける治療なので、がんの部位にかかわらず治療可能です


免疫機能を高めてがんと闘う力や全身状態を改善する免疫細胞治療は、基本的にどんながんにも適用できます。なかでも、メラノーマ(悪性黒色腫)と呼ばれるホクロのがん、腎臓がん、肺がんなどは、治療効果が得られやすいがんとして、研究が進められてきました。

がんとは正常細胞が傷ついて発生する異常な細胞で、程度の差はあれ、ふつうは「自分ががん細胞である」という目印を出しています。その目印をめがけて攻撃する免疫の働きを利用するのが、免疫細胞治療です。

使える薬剤が臓器別に決まっている抗がん剤に比べ、全身の免疫に働きかける免疫細胞治療は、がんができた部位にかかわらず、効く可能性があると考えられます。

当院には、膵臓がんや進行がんのように、抗がん剤が効きにくかったり、そもそも使える標準治療があまりないようながんの患者さんが多くいらっしゃいます。また、免疫細胞治療を単独で行うよりも、標準治療と一緒に行うほうが効果的なことから併用するケースも増えています。

このように、臓器別では幅広く治療できる免疫細胞治療ですが、患者さんの条件や特徴に応じて、治療の種類を選択することが大変重要です。例えば、免疫細胞治療のなかでもNK細胞療法は、抗体医薬と一緒に使うと効果が上がることが臨床研究などから分かっており、当院でも、抗体医薬を使用している乳がんの患者さんの治療において、よい結果が得られています。

 

間質性肺炎やリンパ球系の血液がんの患者さんは禁忌

しかし、なかには、治療ができないケースもあります。割合は多くありませんが、一部の白血病や悪性リンパ腫といった血液のがんです。血液がんには多くの種類がありますが、T細胞やNK細胞といったリンパ球ががん化してしまっている場合、免疫細胞治療によってがん細胞を増殖させてしまう場合があり、治療に適しません。

この他、間質性肺炎の患者さんの場合は治療ができない場合もあり、また、関節リウマチや膠原病(こうげんびょう)といった自己免疫疾患の持病があるケースも注意が必要。病状に応じて慎重に治療を行います。

 

後藤重則
医療法人社団 滉志会
瀬田クリニックグループ統括院長
ごとう・しげのり●1981年、新潟大学医学部卒業。県立がんセンター新潟病院、帝京大学医学部講師などを経て、1999年、国内初の免疫細胞治療専門医療機関である瀬田クリニックへ。2001年、同クリニック院長。著書に『免疫細胞治療』(共著・河出書房新社)、『自分の細胞で治す 女性が知っておきたい最先端がん治療』(共著・PHP研究所)など。(取材時現在)

免疫細胞治療に関するご相談・資料請求
瀬田クリニックグループ ホームページ
http://www.j-immunother.com
東京 TEL 03-5280-0086
横浜 TEL 045-478-0086
大阪 TEL 06-6378-0086
福岡 TEL 092-281-0511
※全国50カ所の連携医療機関もご紹介可能です。まずは上記までお電話でお問い合わせください。

同じシリーズの他の記事一覧はこちら