がん免疫療法Q&A

Q.免疫細胞治療を受けるには、どうしたらよいですか?

回答者:後藤重則(ごとう・しげのり)
医療法人社団 滉志会
瀬田クリニックグループ統括院長

A.専門施設の治療説明会や個別相談などを活用し、情報収集して検討を。医療機関選びも大変重要です


資料を取り寄せたり、専門の医療機関が主催する無料相談会や説明会に参加したりして、できるだけ情報を入手することが大切です。ただし、がんの種類が同じでも治療法は人によって異なるため、より具体的な話を聞くには、個別の相談を受ける必要があります。

 

免疫細胞治療の医療機関へはこれまでの診療情報を持参

免疫細胞治療を専門とする医療機関で個別相談を受ける場合には、診療情報を用意して医師と面談することをおすすめしています。これまでの診療経過や最近の検査画像などがあれば、「この患者さんにはどんな免疫治療が有効か」を医師が判断しやすく、相談がスムーズに進みます。

しかし、標準治療を受けている患者さんのなかには、「まだ、免疫細胞治療のことを主治医に話したくない」という方も少なくありません。その場合には、「分かる範囲でかまわないので、治療経過をまとめた資料をもってきてください」とお願いしています。相談を受けたからといって必ずしも治療を受けなくてはいけないということはありません。患者さん、ご家族が十分に納得されたうえで治療へ進むことが何より大切と考えています。

 

病気の経過を十分に聞いて治療方針を立てる病院を選ぶ

免疫細胞治療を受ける際、医療機関選びはとても大切です。判断の目安となるのが、免疫細胞治療を行う医師に免疫の専門知識だけでなく、がんの専門知識や経験が十分にあること。さらに病気の状態や経過を十分に聞き、悩みや不安などにも耳を傾けてくれることも重要です。免疫細胞治療は、標準治療や緩和ケアを含め、すべてを考慮して治療方針を立てる必要があるため、これらのことが必須となるのです。

患者さんから「免疫細胞治療を始めたいが、主治医の治療法に反対するようで話を切り出せない」と相談されることも多く、こちらから主治医に連絡して治療がスムーズに行えるようにすることもあります。まずは臆せずに専門の医療機関に相談してみてください。

 

後藤重則
医療法人社団 滉志会
瀬田クリニックグループ統括院長
ごとう・しげのり●1981年、新潟大学医学部卒業。県立がんセンター新潟病院、帝京大学医学部講師などを経て、1999年、国内初の免疫細胞治療専門医療機関である瀬田クリニックへ。2001年、同クリニック院長。著書に『免疫細胞治療』(共著・河出書房新社)、『自分の細胞で治す 女性が知っておきたい最先端がん治療』(共著・PHP研究所)など。(取材時現在)

免疫細胞治療に関するご相談・資料請求
瀬田クリニックグループ ホームページ
http://www.j-immunother.com
東京 TEL 03-5280-0086
横浜 TEL 045-478-0086
大阪 TEL 06-6378-0086
福岡 TEL 092-281-0511
※全国50カ所の連携医療機関もご紹介可能です。まずは上記までお電話でお問い合わせください。

同じシリーズの他の記事一覧はこちら