治療現場からの症例レポート

放射線治療と免疫細胞治療の併用

放射線治療により約3割でCTLが活性化

群馬大学医学部(前橋市)は、全身療法である免疫細胞治療と、局所療法の放射線治療を組み合わせる免疫放射線療法の研究に取り組んでいる。

大学院医学系研究科腫瘍放射線学の鈴木義行准教授らは、トモセラピー(強度変調放射線治療)の機器を備える関連施設の日高病院(高崎市)で放射線治療を、やはり関連施設の平成日高クリニック(同)で免疫細胞治療を行う態勢を整備。2010年―12年の2年間に免疫細胞治療を受けた様々ながん患者126人のうち、10人に放射線治療を同時に施行した。

その一人、70代の女性Aさんは、08年に腎細胞がんと診断され摘出手術を受けたが、2年後、後腹膜腔内に大きな局所再発が見つかる。皮膚にも転移があり、体調が悪く寝たきりの状態となった。化学療法ができる状態ではなかったが、局所の放射線治療なら可能と判断して10年11月から、1回2グレイずつ5週間かけて計50グレイを照射するトモセラピーと並行して、2週間に1回のペースで免疫細胞治療(活性化リンパ球療法)を計6回施行した。その結果、Aさんの腫瘍は縮小し、歩行や食事ができるようになった。現在は自宅で療養しながら外来に通っているという。

chiryogaiyo01

chiryo

また、骨軟部腫瘍が手術後に再発した60代の男性患者は、前の病院で抗がん剤治療を続けたが腫瘍は増大・転移し、「もう治療法はない」と言われて免疫細胞治療を希望。10年から免疫細胞治療(活性化リンパ球療法と樹状細胞を患部に局所注射)を併用しながらトモセラピーを受けたところ、腫瘍は徐々に縮小し、その後1年以上も縮小した状態が保たれているという。

次のページへ