長寿村を訪ねて

コーカサス-グルジア

vol3_choju_1

健康の秘密は、恵まれた自然環境豊かで多彩な食材にあり

グルジアは、黒海とカスピ海にはさまれたコーカサス山脈の南麓に位置する。隣接するアルメニア、アゼルバイジャンとともにこの辺り一帯は、コーカサス地方と呼ばれる。古来、アジアとヨーロッパを結ぶシルクロード上の交易地点として栄えてきた。このグルジアでは、90歳を過ぎても元気に働いている人が少なくないとされる。温暖な気候で、豊かな自然に育まれた地元の野菜や果物、乳製品といった豊富な食材が、グルジアの人々の健康を支えているのだ。

その一つ、コーカサスの山から湧き出るミネラルウォーターを使った「グルジアワイン」は、5000年以上の歴史を持つと言われる世界最古のオーガニックワインで、豊富なタンニンとビタミンを含んでいる。抗酸化物質として知られるポリフェノールが多く、老化防止や、コレステロールを低く保つのに有効と言われている。

そして忘れてならないのは、乳製品である。日本ではカスピ海ヨーグルトとして知られているマツォーニもその一つだが、ユニークなのはケフィアと呼ばれる発酵乳飲料で、牛乳やヤギ乳などを共生発酵という独特の方法を用いて作るものである。

こうした発酵乳製品を子どものころから飲んでいることも、健康に寄与していることだろう。

長寿村のパワーフード ケフィア

vol3_choju_2共生発酵は複数の菌がともに助け合い発酵する現象。乳酸菌と酵母の共生発酵によってできるケフィアは、グルジアのあるコーカサス地方に起源を発する発酵乳だ。牛やヤギ、羊の乳とケフィアグレインという種菌が用られ、独特のピリッとした刺激と、さわやかな酸味がおいしい。乳酸菌など数十種類の微生物(善玉菌)のほか、ビタミンB 群、カルシウムなど、体内環境を整える成分が豊富に含まれている。