がん治療ニュースTOPICS

医療の未来を切り拓く!「iPS細胞」の作製に成功した山中伸弥博士がノーベル賞を受賞

2013年5月13日

vol2_worldmedicalnews_3
「人工多能性幹細胞」iPS細胞(induced pluripotent stem cell)は、さまざまな細胞への分化が可能な「多能性幹細胞」の一つである。体細胞に特定の遺伝子を組み込むことで初期化され、体中のほぼすべての細胞になることができる。将来、難病患者の細胞からiPS細胞をつくることで、難病に至る原因究明や、新薬の開発、臓器そのものの再生など、無限の可能性が期待されている。この細胞を生みだしたのが京都大学の山中伸弥博士で、2006年8月のiPS細胞作製の発表からわずか6年という異例のスピードで、2012年12月にノーベル生理学・医学賞を受賞した。世紀の大発見だが、その過程は挑戦と挫折の繰り返しだった。

挫折からはじまった基礎研究の道

1962年、大阪で生まれた博士は、神戸大学医学部に進み、整形外科医の道を歩む。卒業後は、研修医として勤務するも、普通の整形外科医なら20分ですむ手術に2時間かかるなど、外科医としての適性を自分に問いかける日々が続く。さらに、重症患者の前に、なす術がない現代医療の限界を感じ、基礎研究への転身を決意した。

大学院で4年間、基礎研究を学んだ後、新しい技術を求め、サンフランシスコのグラッドストーン研究所で研究に没頭した。

そこで身に付けたのが、ヴィジョンをもってハードワークする「VW(Vision and Work Hard)」という姿勢。明確なヴィジョンをもって研究に臨むという考えが、その後の博士に大きな影響を与えた。

次のページへ

同じシリーズの他の記事一覧はこちら