注目の治療・研究

2019年04月23日

治療開始は年内?国内初の遺伝子改変がん免疫療法「CAR-T細胞療法」

2019年3月下旬、CAR-T(カーティー)細胞療法という新たな治療が白血病の一部を対象に承認され、年内にも保険診療として治療が開始される見込みです。遺伝子改変技術を使って攻撃力を高めた免疫細胞によるこの治療は、治療効果の高さもさることながら、高額な治療費にも注目が集まっています。 続きを読む
がんと免疫

2016年06月06日

免疫の働きを復活させるがん治療薬 −オプジーボ(免疫チェックポイント阻害薬)のしくみ

私たちの体の中では毎日数千個のがん細胞が生まれているとされる。それをことごとく見つけては殺してくれるのが免疫細胞だ。この免疫細胞のおかげで私たちはがんにならないですんでいる。ところが、ときに免疫細胞の監視の目をかいくぐるがん細胞がいて・・・
続きを読む
がんと免疫

2015年08月23日

女性のがんと免疫細胞治療の専門医が贈る「女性のための最新がん治療」

国内でも有数のがん専門病院であるがん研有明病院の前婦人科部長の瀧澤憲医師と、免疫細胞治療の専門医療機関、瀬田クリニックグループ統括院長の後藤重則医師が、共著で執筆した著書『自分の細胞で治す 女性が知っておきたい最先端がん治療』(PHP研究所)が7月19日に刊行された。そこで、後藤医師に「女性とがん治療」についてお話を伺った。 続きを読む
がんと免疫

2015年05月27日

がん免疫療法で新たに注目される「NK(ナチュラルキラー)細胞」

「免疫細胞」の一つ、NK細胞が、がん細胞への攻撃に効果的に働くことが分かり、一部の医療機関ではがん治療の臨床応用も試みられています。「NK細胞療法」の安全性と有効性を確かめる臨床研究に取り組んでいる九州大学先端医療イノベーションセンターの高石繁生先生と飯野忠史先生に話を伺いました。 続きを読む