がんと闘う名医

2018年09月05日

移植医療の技術で、がん医療のさらなる進化を目指すー 大段秀樹(広島大学 大学院医歯薬保健学研究科 消化器・移植外科学 教授)

肝臓がんは、他のがんと違い、多くの場合肝炎などの肝臓障害を伴っている。そのためがんを治療するだけでなく、肝臓の障害を踏まえた治療を行う必要がある。肝臓がん治療医として肝移植医療に精通する大段は、移植医療の技術によって、がん治療のさらなる進化を目指す。 続きを読む
数字から見る「がん治療」の今

2018年08月08日

【がんと就労】働くがん患者さんが知っておきたい“がん相談支援センター”の利用法

医療の進歩により、職場復帰を果たし、治療をしながら仕事を続けるがん患者さんも増えてきましたが、仕事と治療の両立は簡単ではなく、患者さん自身にしか分からない悩みも多いのが実情です。そこで「がんと就労」をテーマに、働きながら治療を続ける人たちが知っておきたい情報をまとめました。 続きを読む
注目の治療・研究

2018年08月01日

ピンポイントでがんを狙い撃つ放射線治療(重粒子線治療・陽子線治療・強度変調放射線治療)

放射線治療は、がん細胞が正常な細胞に比べて放射線に弱い性質を利用する治療です。とはいえ、正常細胞も、放射線に当たれば多少なりとダメージを受けることは免れられません。ここでは、正常細胞へのダメージを抑えつつ、がん細胞への効果が期待できる放射線治療を紹介します。 続きを読む
注目の治療・研究 ロボット支援手術ダヴィンチのカメラとロボットアーム

2018年07月25日

2018年「ロボット支援手術」が幅広いがんで保険診療に。体に負担が少ないがん治療として期待。

高精度の手術用ロボットを用いる「ロボット支援下内視鏡手術」が2018年4月に、肺がん、食道がん、胃がん、直腸がん、子宮がんなどで保険適用になりました。手術支援ロボットによる手術の特徴やメリットなどについて、この分野の第一人者である東京大学医学部附属病院の瀬戸教授に話を聞きました。 続きを読む
注目の治療・研究 トモセラピーラディザクト

2018年07月11日

進歩する放射線治療!ピンポイント照射で体に優しい「トモセラピー」

外科療法や化学療法と並ぶ、がんの3大治療法の1つ放射線治療。近年、より患部だけをピンポイントで照射できる新しい技術や機械などが開発され、 体に優しい放射線療法を希望する患者さんも増加傾向にある。放射線療法の最新事情を、専門医である吉本由哉先生と大西真弘先生に聞いた。 続きを読む
がんを明るく生きる

2018年06月27日

スポーツマン精神で病気に向かう―渡辺一郎(東京都市大学 共通教育部 主任教授・日本ラグビーフットボール協会理事)

ラグビーの選手として、また指導者として順風満帆の人生を送ってきた東京都市大学主任教授の渡辺一郎さんは、2015年12月、医師から転移のある進行前立腺がんであることを告げられた。一時は落ち込んだものの、持ち前のスポーツマン精神で一瞬一瞬を大切に生きている。 続きを読む
がん治療ニュースTOPICS 糖尿病イメージ(サムネイル)

2018年06月13日

糖尿病とがんの関連が明らかに ― 糖尿病治療薬メトホルミンが、がんの予防で注目

欧米を中心に糖尿病とがん発症リスクの関連が特に注目されるようになったのは、2010年代に入ってからだ。日本でも2013年、日本糖尿病学会と日本癌学会の「糖尿病と癌に関する合同委員会」が、「糖尿病患者がすべてのがんに罹患するリスクは糖尿病でない人の1.2倍」との調査結果を報告した。 続きを読む
部位別がん治療 食道がん手術室イメージ(サムネイル)

2018年05月30日

食道がん治療の最前線 〜集学的治療やロボット手術で、患者さんの負担軽減と治療効果の向上を

症状が出にくく早期発見の難しい食道がん。外科手術は難易度の高い大手術となります。しかし、最近では複数の治療を組み合わせた集学的治療が進み、体への負担が少ないロボット手術も登場しています。東大病院の瀬戸泰之先生に現状と展望をお聞きします。 続きを読む
1 / 2212345...1020...最後 »