乳癌・子宮癌・卵巣癌

2018年12月10日

子宮頸がんは防げるがん。発症原因を知り、正しい知識で予防と早期発見を!

子宮頸がんは20〜30代の若い女性に多く、日本では罹患率・死亡率ともに増加している一方、主な発症原因はHPVウィルスへの感染ということが分かっており、予防に有効なワクチンも存在します。子宮頸がんの予防、早期発見・早期治療の最新かつ正しい情報を、北里大学北里研究所病院の石谷健先生に解説いただきます。 続きを読む
胃癌・食道癌・大腸癌

2018年11月18日

ピロリ菌を除菌すれば胃がんは防げる?ピロリ菌感染者が減ると増えるがんも!

1982年にオーストリアの医師が発見したピロリ菌は、WHO(世界保健機関)が1994年、「確実な胃がんの原因のひとつ」と認定したことを受け、日本では2000年からピロリ菌の除菌治療が健康保険に適用されました。検査や除菌治療について解説します。 続きを読む
がんと闘う名医

2018年09月05日

移植医療の技術で、がん医療のさらなる進化を目指すー 大段秀樹(広島大学 大学院医歯薬保健学研究科 消化器・移植外科学 教授)

肝臓がんは、他のがんと違い、多くの場合肝炎などの肝臓障害を伴う。そのためがんだけでなく、肝臓の障害を踏まえた治療を行う必要がある。肝移植医療に精通する大段は、移植医療の技術によってがん治療のさらなる進化を目指す。 続きを読む
知っておきたい「がん治療」の知識

2018年08月08日

【がんと就労】働くがん患者さんが知っておきたい“がん相談支援センター”の利用法

医療の進歩により、職場復帰を果たし、治療をしながら仕事を続けるがん患者さんも増えてきましたが、仕事と治療の両立は簡単ではなく、患者さん自身にしか分からない悩みも多いのが実情です。そこで「がんと就労」をテーマに、働きながら治療を続ける人たちが知っておきたい情報をまとめました。 続きを読む
注目の治療・研究

2018年08月01日

保険適用拡大で利用しやすくなった重粒子線治療・陽子線治療

がんへのピンポイント照射ができ、体への負担が少ない重粒子線治療、陽子線治療が、2018年4月に前立腺がんなどで保険適用拡大となり利用しやすくなりました。強度変調放射線治療(IMRT)も含めて、正常細胞へのダメージを抑えつつ、がん細胞への効果が期待できる放射線治療を紹介します。 続きを読む
1 / 1912345...10...最後 »