注目の治療・研究 ロボット支援手術ダヴィンチのカメラとロボットアーム

2018年07月25日

手術支援ロボット「ダヴィンチ(da Vinci)」。2018年、幅広いがんで保険診療に。

高精度の手術用ロボットを用いる「ロボット支援下内視鏡手術」が2018年4月に、肺がん、食道がん、胃がん、直腸がん、子宮がんなどで保険適用になりました。手術支援ロボットによる手術の特徴やメリットなどについて、この分野の第一人者である東京大学医学部附属病院の瀬戸教授に話を聞きました。 続きを読む
注目の治療・研究 トモセラピーラディザクト

2018年07月11日

進歩する放射線治療!ピンポイント照射で体に優しい「トモセラピー」

外科療法や化学療法と並ぶ、がんの3大治療法の1つ放射線治療。近年、より患部だけをピンポイントで照射できる新しい技術や機械などが開発され、 体に優しい放射線療法を希望する患者さんも増加傾向にある。放射線療法の最新事情を、専門医である吉本由哉先生と大西真弘先生に聞いた。 続きを読む
胃癌・食道癌・大腸癌

2018年06月22日

胃がん治療の最前線 〜世界が注目する免疫チェックポイント阻害薬が胃がんでも承認

日本人の胃がんの罹患数は約13万人で、日本のがん罹患数のトップです。一方、死亡者数は毎年約5万人。かつて「世界一の胃がん大国」と呼ばれた日本ですが、最近は罹患率、死亡率ともに大きく減少しています。そんな胃がんについて、瀬田クリニック新横浜の瀧本理修院長に胃がん治療の最前線を聞きました。 続きを読む
がんの予防・早期発見 糖尿病イメージ(サムネイル)

2018年06月13日

糖尿病とがんの関連が明らかに ― 糖尿病治療薬メトホルミンが、がんの予防で注目

欧米を中心に糖尿病とがん発症リスクの関連が特に注目されるようになったのは、2010年代に入ってからだ。日本でも2013年、日本糖尿病学会と日本癌学会の「糖尿病と癌に関する合同委員会」が、「糖尿病患者がすべてのがんに罹患するリスクは糖尿病でない人の1.2倍」との調査結果を報告した。 続きを読む
ドクターコラム:がん治療の現場から 中村祐輔先生

2018年04月04日

【中村祐輔医師コラム】第2回:簡便な診断法と免疫療法の開発が治癒率向上のカギ

がん治療の新しい流れとして、世界は「免疫療法」に着目している。アメリカやヨーロッパでは、新しいタイプの免疫療法の研究が進んでおり、患者さん側も積極的にその情報を求め、すでに選択肢の1つにもなっている。 続きを読む
胃癌・食道癌・大腸癌

2018年03月07日

胃がんが抗がん剤でも治る時代 ― 抜群の治療効果で注目されるオプジーボが胃がんに適応拡大

胃がんの有力な治療選択肢は主に手術とされてきたが、2010年代に入り、そのイメージは変わりつつある。オプジーボなど、がん細胞に特有の分子を狙って攻撃する分子標的薬の登場が、手術不能の進行がんや再発がんの治療における選択肢を増やし、よりよい延命効果を生んでいる。 続きを読む
肝臓癌・膵臓癌

2018年02月07日

膵臓がん治療の最前線 〜抗がん剤の選択肢が広がり、術前・術後の併用で手術成績改善の可能性も

初期段階では症状の出にくい膵がんは、早期発見が難しいうえ、転移や再発をしやすく、予後の悪い難治性がんの代表として知られています。手術のできないケースが多いなか、近年では研究が進み、術前の化学療法によって手術が可能になるなど、治療の選択肢が増えています。 続きを読む
1 / 612345...最後 »