乳癌・子宮癌・卵巣癌の治療

2018年12月10日

子宮頸がんは防げるがん。発症原因を知り、正しい知識で予防と早期発見を!

子宮頸がんは20〜30代の若い女性に多く、日本では罹患率・死亡率ともに増加している一方、主な発症原因はHPVウィルスへの感染ということが分かっており、予防に有効なワクチンも存在します。子宮頸がんの予防、早期発見・早期治療の最新かつ正しい情報を、北里大学北里研究所病院の石谷健先生に解説いただきます。 続きを読む
胃癌・食道癌・大腸癌の治療

2018年11月18日

ピロリ菌を除菌すれば胃がんは防げる?感染者が減ると増えるがんも!

1982年に発見されたピロリ菌は、WHOが「確実な胃がんの原因のひとつ」と認定したことを受け、日本では2000年からピロリ菌の除菌治療が健康保険に適用されました。ピロリ菌の検査方法や除菌治療、除菌による胃がんの予防効果等について解説します。 続きを読む
知っておきたい「がん治療」に役立つ知識

2018年08月08日

【がんと就労】働くがん患者さんが知っておきたい“がん相談支援センター”の利用法

医療の進歩により、職場復帰を果たし、治療をしながら仕事を続けるがん患者さんも増えてきましたが、仕事と治療の両立は簡単ではなく、患者さん自身にしか分からない悩みも多いのが実情です。そこで「がんと就労」をテーマに、働きながら治療を続ける人たちが知っておきたい情報をまとめました。 続きを読む
知っておきたい「がん治療」に役立つ知識

2018年08月03日

セカンドオピニオンを希望すると主治医は怒る?正しい受け方、上手な言い方

情報があふれ、医学が進歩を続ける時代だからこそ、必要とされるセカンドオピニオン。「今後もその需要は高まるはず」という瀧澤医師に、患者さんがその恩恵にあずかるための正しいセカンドオピニオンのあり方について聞いた。 続きを読む
胃癌・食道癌・大腸癌の治療 食道がん手術室イメージ(サムネイル)

2018年05月30日

食道がん治療の最前線 〜集学的治療やロボット手術で、患者さんの負担軽減と治療効果の向上を

症状が出にくく早期発見の難しい食道がん。外科手術は難易度の高い大手術となります。しかし、最近では複数の治療を組み合わせた集学的治療が進み、体への負担が少ないロボット手術も登場しています。東大病院の瀬戸泰之先生に現状と展望をお聞きします。 続きを読む
がんと免疫

2018年04月18日

Q.免疫療法の中でも、保険診療ではない免疫細胞治療は効果がない、という話を聞きました。 実際のところはどうなのでしょうか。

一概に「保険診療でないから治療効果がない」ということではありません。免疫療法も様々なものがあり、それぞれ作用や特徴は異なるため、患者さんに合った選択、組み合わせをしていくべきと考えます。 続きを読む
1 / 612345...最後 »