がんと免疫

婦人科がん(子宮がん・卵巣がん)治療の最前線

厚生労働省の人口動態統計を見ると、食道がんや肺がん、胃がん、大腸がん、肝がん、膀胱がんなど多くのがんで、女性のほうが男性に比べて死亡率がぐんと低いのが分かります。理由としては、男性のほうがタバコの喫煙率が高いとか、アルコールの摂取量が多いとか、また女性ホルモンの影響などが考えられます。治療薬についても、例えば肺がんの薬、ゲフィチニブ(イレッサ®)のように、男性よりも女性のほうによく効くなどという例もあります。女性は出産という大役を担っているからでしょうか、「そもそも女性の体は、男性よりも丈夫につくられている」といった見方をする研究者や医師もいます。そういう意味で、婦人科がんの子宮がんや卵巣がんもまた、死亡率が低いがんです。

 

vol.8_meneki_02

「乳がんや卵巣がんなどの死亡率が増加するなか、子宮がんは1985年ごろまでは大きく減少していたが、その後、やや増加傾向に。背景には、かつて子宮がんの約9割が子宮頸がんだったが、90年代に入って子宮体がんが大きく増えてきていることがある。子宮体がんの患者さんが増加している原因としては、食生活の欧米化のほか、晩婚化や少子化などが考えられる。

 

ここでは子宮がんと卵巣がんの標準治療と免疫療法の最前線を紹介します。標準治療とは、科学的に有効性が証明され一般に広く行われている手術や抗がん剤治療、放射線治療のこと。そして免疫療法とは、標準治療だけでは及ばないところをほとんど副作用なしにカバーするための治療法です。

 

20代で早期の子宮頸がんなら子宮は温存できる

vol.8_meneki_01

子宮は洋ナシをひっくり返したような形をしており、20~40歳のころは鶏卵くらいの大きさだが、閉経後は親指大までに縮む。卵巣は子宮の脇に2つあり、1つの重さは約5~15g。排卵やホルモンの分泌、月経、妊娠などに大きくかかわっている。

 

骨盤の中央にあって胎児を守り、育てる子宮は鶏卵くらいの大きさで、出口部分の子宮頸部と袋に相当する部分の子宮体部に分けられます。頸部に発生するがんを子宮頸がん、体部にできるがんを子宮体がんといい、2つはまったく性質の違うがんです。

子宮頸がんが20代からの比較的若い女性にも発症することが多いのに対し、子宮体がんは、多くが閉経前後から発症する中高年のがんです。また、子宮頸がんがヒトパピローマウイルスの長期感染が原因なのに対して、子宮体がんには女性ホルモンのエストロゲンが関係しているとされ、妊娠経験がない人や肥満、糖尿病の人がなりやすいのです。

子宮頸がんの初期は大半が無症状で、検診で見つかるケースが多く、その治療は手術が原則です。

早期の場合は頸部の病変部分を円錐形に切除するだけなので、子宮が温存でき、将来妊娠することができます。しかし、十分な治癒率が期待できない場合は子宮を全摘します。がんが進行して子宮周辺の軟部組織にまで広がった場合は、放射線治療となります。

 

vol.8_meneki_03

 

閉経後の不正出血でまず疑われるのが子宮体がんです。子宮体がんはCT(コンピューター断層撮影法)やMRI(磁気共鳴画像)による検査ではその進行度が分かりづらく、手術をして初めて正確な進行度が分かります。早期なら子宮全摘でほとんど治癒します。リンパ節への転移がある場合は手術後に抗がん剤を投与します。

 

卵巣がんには抗がん剤が比較的よく効く

卵巣は女性ホルモンを分泌したり排卵したりする親指大の臓器で、子宮の左右に1つずつあります。卵巣がんにはいくつかのタイプがあり、このことが治療を難しくしている理由でもあります。また、がんが大きくなるまで自覚症状がないため、進行がんとなって見つかるケースが多いことも問題です。さらに、良性の卵巣腫瘍と卵巣がんの区別が難しく、手術で腫瘍を摘出して病理組織検査をしなくては診断がつかないということもあります。

一方、抗がん剤が比較的よく効くというよい面もあります。手術でがんをできるだけ取り、残りは抗がん剤でたたくというのが治療の原則ですが、がんが卵巣から外に出ていない場合は、再発防止の抗がん剤治療を行わない場合もあります。両方の卵巣を摘出すると将来妊娠できなくなるので、妊娠を考えている患者さんの場合、卵子を液体窒素で凍結保存することもあります。

 

次のページへ