がんと闘う名医

2018年09月05日

移植医療の技術で、がん医療のさらなる進化を目指すー 大段秀樹(広島大学 大学院医歯薬保健学研究科 消化器・移植外科学 教授)

肝臓がんは、他のがんと違い、多くの場合肝炎などの肝臓障害を伴っている。そのためがんを治療するだけでなく、肝臓の障害を踏まえた治療を行う必要がある。肝臓がん治療医として肝移植医療に精通する大段は、移植医療の技術によって、がん治療のさらなる進化を目指す。 続きを読む
がん免疫療法Q&A

2018年04月18日

Q.免疫療法の中でも、保険診療ではない免疫細胞治療は効果がない、という話を聞きました。 実際のところはどうなのでしょうか。

一概に「保険診療でないから治療効果がない」ということではありません。免疫療法も様々なものがあり、それぞれ作用や特徴は異なるため、患者さんに合った選択、組み合わせをしていくべきと考えます。 続きを読む
部位別がん治療

2018年02月07日

膵臓がん治療の最前線 〜抗がん剤の選択肢が広がり、術前・術後の併用で手術成績改善の可能性も

初期段階では症状の出にくい膵がんは、早期発見が難しいうえ、転移や再発をしやすく、予後の悪い難治性がんの代表として知られています。手術のできないケースが多いなか、近年では研究が進み、術前の化学療法によって手術が可能になるなど、治療の選択肢が増えています。 続きを読む
がんと免疫

2017年11月15日

メリットもデメリットも。正しい情報を得て、正しい選択を。「免疫細胞療法説明会」参加レポート

がんの治療において、主治医の治療方針はもちろん基本となるものですが、お任せや受け身の姿勢では、納得できる結果が得られないこともありえます。なぜなら、患者さんは年齢、健康状態、副作用の出方、生活面の様々な背景や考え方など人それぞれ、千差万別だからです。 続きを読む
中村祐輔教授のシカゴ通信:がん医療の新たな道 がんプレシジョン医療

2017年10月11日

効果のあるがん治療を見極めるには、遺伝子情報を知ることが不可欠

がんが遺伝子の異常によって起こることが科学的に証明されたことで、「遺伝子にアプローチしない治療には限界がある」と考えた中村祐輔医師は、遺伝子の基礎研究を自らの専門と決めた。現在、シカゴ大学医学部の教授を務め、ゲノム研究の分野で世界的に認められる中村医師に、様々な角度から国内外のがん医療の現状や可能性について語ってもらう。 続きを読む
1 / 41234