がんと免疫

がん治療で注目される「免疫の力」(後編)

前編はこちら

 

免疫の仕組みを応用した様々な免疫治療が登場

がんと免疫の関係に着目して開発されたのが、「がん免疫療法」です。体内に備わっている免疫の仕組みや免疫細胞の特性を応用し、免疫の力を強化して、がん細胞を攻撃しようという発想から生まれました。

1980年代ごろから研究されてきたがん免疫療法は、治療効果に乏しいと言われた時期もありました。しかし、近年では、分子生物学や免疫学、細胞工学の著しい発展により、世界的な科学雑誌で最重要研究成果に選ばれるなど、がん治療において免疫の力が欠かせないことが、医師や研究者の間でも広く認知されつつあります。

がん免疫療法の中で、現在、科学的なアプローチから研究や臨床応用が進んでいるのが、「抗体治療」「ペプチドワクチン療法」「免疫細胞治療」です。

免疫細胞の1つ、B細胞が産出する抗体の働きを利用したのが、抗体治療(抗体医薬)です。この治療では、「抗体」という物質をベースに開発された薬を投与します。抗体ががん細胞にくっつくことで、がん細胞が増殖しようとする信号や、免疫の働きを弱めようとする信号を遮断して、がんを抑え込もうとする治療です。近年では、抗がん剤の中でもこの抗体医薬が非常に注目され、多くの薬が開発されています。

人工的につくったがんの目印であるがん抗原ペプチドを体内に投与し、がん細胞を攻撃するのが、ペプチドワクチン療法です。がんの目印を体内に入れることで、体の中で免疫反応を起こさせて、がんを抑え込もうとするものです。

これらの療法が、人工的につくった抗体やがん抗原ペプチドを投与するのに対し、患者さん自身の免疫細胞をいったん体の外に取り出して、大幅に数を増やして強化し、再び体内に戻して免疫機能を高めるのが免疫細胞治療です。自分の細胞を使うため、大きな副作用がない全身療法として期待されています。

免疫細胞治療は、かつては「がん治療第4の選択肢」と言われ、3大治療で効果がなかった患者さんが受ける治療のイメージがありましたが、最近では早期から他の治療と併用することで、そうした治療の基盤となり治療全体の効果を高めるものという考え方に変わりつつあります。畑で作物を育てる際に、その土壌を良くするような治療ということです。

 

vol.7_ganmen_04

近年、がん治療は、複数の治療法を組み合わせる「集学的治療」が重要との見方が常識となっている。

 

 

また、がんは手術などで取り去っても、目に見えないがん細胞が残り、再発に至る場合があります。再発予防に化学療法を行う場合もありますが、これに免疫細胞治療を併用することで、併用しない場合に比べて約2倍の生存率が得られたというデータもあります。このようにできるだけ早い段階で治療を行うことが、免疫細胞治療の特性を生かし、より高い効果を生むと考えられています。

 

vol.7_ganmen_05

肺がん手術後の再発予防治療として、免疫細胞治療を行った臨床試験結果。抗がん剤に免疫細胞治療を併用しなかった患者さん(88名)の5年後生存率は約33%だったのに対し、併用した患者さんでは約55%と大きく向上。

 

次のページへ