がんと食

発熱、不眠、痛みなどによる倦怠(けんたい)感で食事が摂れない場合は、水分補給が大切

「倦怠感」とは何かというと、だるさ、疲れやすさ、脱力感をはじめ、「やる気が出ない」といった精神的疲労も含まれます。倦怠感は、化学療法を受けているがん患者さんのほとんどに見られる症状で、その原因は様々ですが、主に、炎症や熱、痛みで体力が奪われたり、嘔吐や下痢といった副作用によって栄養が十分に摂れずに脱水や貧血を起こしたりすることが挙げられます。精神的ストレスによる疲れなど、メンタル面も関係してきます。

倦怠感は、繰り返し続いて長引き、食欲を奪います。1日量の食事が摂れないと脱水を起こし、いっそう倦怠感が強まるので、まず、水分を摂ることが大切。最低でも1日に標準体重(㎏)×30(㎖)くらいの量の水分が必要です。しっかり摂れば、疲労物質を排出し、代謝もよくしてくれます。

また、倦怠感があるときは食事自体が負担になるので、食欲を起こす工夫をしてください。食べたいと思ったときに寝たままでも手軽に食べられるよう、つまみやすい小さなおにぎりなどを用意したり、喉越しのよいゼリーなどを常備したりしておくのもおすすめです。また、香りや彩りなど、おいしそうな「見た目」もポイント。なるべく、少量でもカロリーの高いものを選ぶようにしましょう。

<倦怠感の原因>
●貧血●炎症が続き、熱があるため●体力が奪われているため●痛みに耐えることに対する疲労●変化に体がついていけないため●食事が摂れないための脱水症状●精神的ストレスによる疲れ、不眠

<倦怠感に対する対処法>
●倦怠感の症状を客観的に把握し、医師に明確に伝えられるようにする。そのために、症状、いつ起こるか、変化などを日記につける。
●倦怠感が起こるパターンを把握したら、活動と休息のバランスを検討し、1日のスケジュールを調整する。忙しくても、「短時間の休息を多くとる」「夜は十分な休息をとる」ことが大切。
●吐き気や下痢などの副作用で食事がきちんと摂れない場合は、消化がよく、栄養価の高い食事を摂るようにする。特に脱水症状にならないように注意すること。
●マッサージや入浴などで血液・リンパの流れを促進させる。また、無理のない適度な運動が倦怠感を軽くする場合もあるので、医療者と相談してみる。
●がんの治療が続くと、心身ともにストレスがかかるため、気分転換やリラクゼーションが大切になる。自分の好きなリフレッシュ法で自律神経のバランスを整えると、倦怠感の軽減につながる。

<倦怠感が強いときのアプローチ>
●脱水予防のため、水分補給をこまめにする。
●食事時間にこだわらず、自由に食べる。
●いつでも食べられる間食を用意しておく。
(例:おにぎり、パン、カップスープ、カップ麺、缶詰、レトルト食品、ヨーグルト、プリン、クッキー、カステラなど)
●体を起こせない場合に備え、つまんで食べられるものや小さく切ったものを常備。
(例:おにぎり、サンドイッチ、菓子パン、肉まん、ハム、ウィンナー、チーズ、スティック野菜、果物、アイス、ゼリー飲料など)

次のページへ

同じシリーズの他の記事一覧はこちら